H17.11.15


市長のかがやきメール


かがやきライフタウン大垣2005を開きます
大垣市長 小川 敏

 市民1人ひとりがいつまでもかがやき続け、市民の魅力で活力あふれるまち大垣を創ろうとする「かがやきライフタウン構想」を、昨年市民の皆さんにより策定していただきました。その実現のためには、市民の皆さんが活躍の場を発見し、お互いに交流し、生きがいを実感できる活動をしていただくことが大切です。そうした輝いた人生を送るためのきっかけづくりとするために、市民の皆さんが主役となるフェスティバル「かがやきライフ タウン大垣・2005」を開きます。
 同フェスティバルは、11月19・20日、大垣城ホールを中心に、大垣公園・総合福祉会館などで「発見」「交流」「活動」の三つの分野を柱として、8つの事業を展開します。
 玉屋庄兵衛のからくり人形や、漫画家高野優さんの子育てトーク。環境セミナー、アートマーケット、未来創造会議やペットボトルを利用した寄せ植え体験。さらには子どもが忍者修行をする忍たま大集合などイベントが満載です。また、「市民が輝く活動メッセ」では、大垣市、上石津町、墨俣町をはじめ市内外のまちづくり、ボランティア、生涯学習、文化、スポーツなど約50の団体が、各ブースでそれぞれの活動を紹介します。この機会に、皆さんもぜひお立ち寄りください。
 15万市民の皆さんは、すべて違った個性をお持ちです。たとえば熟年世代の方は人生経験が豊富で、それぞれの方が多くの知識や技術をお持ちです。それら自分の持ち味を社会活動で発揮し、生きがいとしていただきたいと思います。
 生涯学習から自己実現、そして社会貢献へ。スローライフからかがやきライフへ。15万市民1人ひとりが魅力と個性を発揮できるまちを創りましょう。


もどる