H18.4.15


市長のかがやきメール


広がれ!!新市交流の輪 大垣市長 小川 敏

 3月27日、大垣市・上石津町・墨俣町は合併し、「新・大垣市」が誕生しました。現在、新市16万6千人の皆さんが、お互いに理解を深め、交流の輪が広がるよう、数多くの新市誕生記念交流事業を企画しています。
 「新生大垣」スタンプラリー事業では、チェックポイントを記載したスタンプ台紙を全5万6千世帯に配布し、1市2町の代表的な観光施設をめぐるイベントを8月31日まで実施します。この間、新市誕生を記念し、市内9つの公共施設(大垣城、郷土館、スイトピアセンター学習館コスモドーム、金生山化石館、歴史民俗資料館、守屋多々志美術館、上石津郷土資料館、時山文化伝承館、墨俣一夜城)を無料開放します。この機会に、ぜひ各施設をお訪ねください。「灯台もと暗し」ではないですが、新しい発見がきっと見つかると思います。このほか、新市の誕生を祝う花火の打ち上げや交流バスの運行なども実施します。
 さらに今年度は、市が企画する事業のほかに、市民の皆さんに企画運営していただく合併交流イベントを実施します。市内には、文化団体、スポーツ団体、女性団体、青年団体などさまざまな団体があり、活発な活動が行われていますが、そういった皆さんの創意工夫で、上石津地域、墨俣地域で新しいイベントを企画してください。こうした事業には、コンペを実施し、1事業50万円を限度に事業委託を行います。昨秋、ライオンズクラブの皆さんが、上石津の水嶺湖から緑の村公園までのウォーキングを企画されました。大勢の参加者が、紅葉を楽しみながら交流を深め、最後に上石津の特産品がたくさん入った豚汁を食べ、身も心も温めました。
 市は、このようなすばらしい企画提案をお待ちしています。受け付けは4月末日までです。奮ってご応募ください。


もどる