ホーム > 広報おおがき > 広報おおがき 平成19年4月1日号

H19.4.1


平成19年度予算特集2 予算の概要


=安全・安心、子育て支援予算=

 平成19年度の予算規模は、総額1,421億6,500万円となっています。一般会計予算は、522億7,000万円。前年度の当初予算と比較すると、1億5,000万円(0.3パーセント)の減となっています。前年度の武道館建設事業債の借換え分を除くと実質的には、18億4,370万円(3.7パーセント)の増となっています。
 歳入の根幹をなす市税は、280億円で前年度比12.4パーセント増となっており、税制改正に伴う税源移譲や定率減税の廃止による個人市民税の増、景気回復に伴う法人市民税の増を見込んでいます。また、財政調整基金に頼らない財政運営を目指して、取り崩しを抑制した結果、繰入金は3億円で14.3パーセントの減となっています。
 歳出は多い順に、民生費が154億4,624万円で2.8パーセント増、土木費が81億8,273万円で3.0パーセント増、教育費は68億9,655万円で13.3パーセント増、公債費は62億8,146万円で、前年度の武道館建設事業債の借換え分を除くと実質的には2.6パーセント減などとなっています。
 特別会計は、17会計全体で590億9,400万円となり、前年度比較で、4億6,500万円(0.8パーセント)の減となっています。
 企業会計は、病院・水道事業を合わせ、308億100万円。前年度比較で、29億1,500万円(8.6パーセント)の減となっています。


一般会計の内訳


歳入


歳出


特別会計の内訳

会計別平成19年度
当初予算額
平成18年度
当初予算額
増減率
物品調達970万円890万円9.0%
交通災害共済4,320万円4,510万円△4.2%
国民健康保険149億4,200万円136億8,800万円9.2%
国民健康保険
直営診療施設
6,030万円5,980万円0.8%
老人保健医療124億7,000万円132億3,100万円△5.8%
介護保険88億1,700万円89億8,700万円△1.9%
簡易水道1億2,840万円1億2,460万円3.0%
市行造林6,270万円6,650万円△5.7%
公設地方卸売市場1億3,900万円1億2,920万円7.6%
公共下水道60億3,800万円71億8,040万円△15.9%
特定環境保全
公共下水道
2億5,350万円2億4,600万円3.0%
農業集落排水7,150万円8,210万円△12.9%
駐車場2億2,930万円2億3,480万円△2.3%
競輪158億2,500万円154億7,100万円2.3%
牧田財産区330万円400万円△17.5%
一之瀬財産区30万円30万円0.0%
時財産区80万円30万円166.7%
合計590億9,400万円595億5,900万円△0.8%


企業会計の内訳

会計別平成19年度
当初予算額
平成18年度
当初予算額
増減率
病院275億6,900万円304億6,400万円△9.5%
水道32億3,200万円32億5,200万円△0.6%
合計308億  100万円337億1,600万円△8.6%

市民一人あたりの予算
(一般会計)
31万3,367円
平成19年3月1日現在の
人口166,801人で算出
福祉などに
福祉などに
9万2,603円
道路や河川などに
道路や河川などに
4万9,057円
教育、文化に
教育、文化に
4万1,346円
窓口サービスなどに
窓口サービスなどに
3万4,424円
健康、清掃に
健康、清掃に
2万1,438円
商工業に
商工業に
1万4,365円
消防、救急に
消防、救急に
1万380円
農林水産業に
農林水産業に
5,249円


もどる