ホーム > 広報おおがき > 広報おおがき 平成21年4月1日号

H21.4.1


平成21年度予算特集(2)
予算の概要


 平成21年度の予算規模は、総額1,409億5,700万円となっています。一般会計予算は、564億円。前年度の当初予算と比較すると、17億5,000万円(3.2%)の増となっています。
 歳入の根幹をなす市税は、271億6,000万円で前年度比6.8%減となっており、急速な景気後退による法人市民税の大幅な減、評価替えに伴う固定資産税の減などを見込んでいます。また、市税の減収などに対応するため、財政調整基金繰入金を6億5,000万円増の8億5,000万円とするほか、地方交付税、臨時財政対策債の増額により、財源を確保しています。
 歳出は多い順に、民生費が155億343万円で0.3%増、教育費が89億5,298万円で6.9%増、土木費は84億298万円で1.7%減、総務費は74億5,012万円で17.6%増、公債費は55億9,920万円で5.0%減などとなっています。
 特別会計は、国の医療制度改革に伴い老人保健医療事業会計が3,100万円で97.7%減となる一方、特別競輪の開催により競輪事業会計が180億1,000万円で23.2%増となるなど、18会計全体で524億4,200万円となり、前年度比較で、48億4,700万円(10.2%)の増となっています。
 企業会計は、病院・水道事業を合わせ、321億1,500万円。前年度比較で、13億3,800万円(4.3%)の増となっています。

一般会計の内訳 歳入
一般会計の内訳 歳出

特別会計の内訳
平成21年度当初予算額 平成20年度当初予算額 増減率
物品調達
2,770万円 980万円 182.7%
交通災害共済
3,770万円 4,220万円 △10.7%
国民健康保険
152億3,600万円 144億5,300万円 5.4%
国民健康保険直営診療施設
7,150万円 6,650万円 7.5%
老人保健医療
3,100万円 13億2,400万円 △97.7%
後期高齢者医療
15億530万円 14億7,140万円 2.3%
介護保険
92億7,300万円 90億4,600万円 2.5%
簡易水道
1億5,440万円 1億2,720万円 21.4%
市行造林
5,390万円 5,070万円 6.3%
公設地方卸売市場
1億3,000万円 1億3,030万円 △0.2%
公共下水道
70億6,000万円 56億8,400万円 24.2%
特定環境保全公共下水道
2億6,440万円 2億5,710万円 2.8%
農業集落排水
8,430万円 7,800万円 8.1%
駐車場
4億9,780万円 2億2,790万円 118.4%
競輪
180億1,000万円 146億2,200万円 23.2%
牧田財産区
370万円 370万円 0.0%
一之瀬財産区
30万円 30万円 0.0%
時財産区
100万円 90万円 11.1%
合計 524億4,200万円 475億9,500万円 10.2%

企業会計の内訳
平成21年度当初予算額 平成20年度当初予算額 増減率
病院
288億4,000万円 275億4,200万円 4.7%
水道
32億7,500万円 32億3,500万円 1.2%
合計 321億1,500万円 307億7,700万円 4.3%

市民一人あたりの
予算(一般会計)
34万569円
平成21年3月1日現在の
人口165,605人で算出
福祉などに
9万3,617円
教育、文化に
5万4,062円
道路や河川などに
5万741円
窓口サービスなどに
4万4,987円
健康、清掃に
2万3,536円
商工業に
1万6,766円
消防、救急に
1万1,601円
農林水産業に
5,149円


もどる