○大垣市功労者表彰条例

昭和30年11月1日

条例第17号

(目的)

第1条 この条例は市の功労者を市長が表彰する基準及び功労者の優遇方法等を定めることを目的とする。

(表彰の範囲)

第2条 表彰するものの範囲は次の通りとする。

(1) 市政に参与した特別職中就任について公選又は議会の選挙、議決若しくは同意によることを必要とする職の者が退職したとき

(2) 市民若しくは市民にあらざる者で、市に特別功労のあった者、又は市に対し多額の金品を寄附若しくは提供した者

(3) 市民であって徳行顕著な者、及び実業、文化、学術、地方福祉等に功績をあげたもの

(4) その他表彰すべき事績を認めた者

(表彰)

第3条 功労者の表彰は次の通りとする。ただし同時に2以上の表彰を行うことができる。

(1) 名誉市民の称号を贈り、名誉市民章の授与

(2) 功労章の授与

(3) 表彰状の贈呈

(4) 記念金品の贈呈

2 前項第1号及び第2号の表彰については、大垣市議会の議決すべき事件を定める条例(平成28年条例第1号)の定めるところにより、市議会の議決を経るものとする。

(再表彰)

第4条 既に表彰を受けた者もその後の功績により更に表彰することができる。

(表彰前の死亡)

第5条 この条例により表彰者にあてはまる者が表彰前に死亡したときは第3条の表彰状、記念金品はその遺族に贈与する。

(功労者の優遇)

第6条 第3条第1項第1号の表彰を受けた者が不遇の場合は、長期又は一時的に金品を贈呈することができる。

2 前項の規定による金品の贈呈については、大垣市議会の議決すべき事件を定める条例の定めるところにより、市議会の議決を経るものとする。

3 功労者は市の儀式等においてはこれを優遇する。ただし在職している場合はこの限りでない。

第7条 功労者のうち第3条第1項第1号及び第2号の表彰を受けたものが死亡したときは市長は弔辞を贈り供典するものとする。

(資格の喪失)

第8条 功労者である者が禁錮以上の刑に処せられたときは功労者より除外し功労章を授与した者にあってはその功労章を返納させるものとする。

(表彰の時期)

第9条 表彰は毎年市制記念日(4月1日)にこれを行う。ただし特別の事由がある場合はこの限りでない。

(審査委員会)

第10条 市長は表彰を受ける者を決定するに当っては別に定める審査委員会に諮問する。

(規則への委任)

第11条 この条例施行に関し必要なる事項は市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 合併前の赤坂町自治功労者顕彰条例(昭和30年条例第50号)の規定に基づき顕彰した者は、この条例の規定によって表彰されたものとみなす。

(上石津町及び墨俣町の編入に伴う経過措置)

3 上石津町及び墨俣町の編入の日の前日までに、上石津町自治功労者に関する条例(昭和34年上石津村条例第9号)又は墨俣町表彰規程(平成11年墨俣町規程第1号)の規定により顕彰若しくは表彰された者又は顕彰若しくは表彰の対象となった者については、それぞれこの条例の規定により顕彰若しくは表彰された者又は顕彰若しくは表彰の対象となった者とみなす。

4 平成18年度の表彰に限り、改正前の第2条第1号の規定に該当する者については、なお従前の例による。

附 則(昭和33年4月1日条例第11号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和42年7月1日条例第15号)

この条例は、昭和42年9月1日から施行する。

附 則(平成17年12月15日条例第69号)

この条例は、平成18年3月27日から施行する。

附 則(平成28年3月24日条例第1号)

(施行期日)

1 この条例は、平成28年4月1日から施行する。

大垣市功労者表彰条例

昭和30年11月1日 条例第17号

(平成28年4月1日施行)